超初心者でも簡単Adobe Creative Cloud登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Adobeクラウドサービスの導入方法の前編イメージ画像

超初心者でも簡単にできるよ!

 

今日は表題の通り【超初心者でも簡単にできるadobe cloud登録方法】について話してみたいと思います。

早速ですが、本題に入ります。

 

登録方法は至って簡単です。

 

Adobe公式サイト

Adobe公式サイト

 

 

 

 

まずはAdobe公式サイトにジャンプします。

 

次にご自身が使用したい個別のアプリを選択します。

ページを下部にスクロールすると下記のように3つのコースが選択できるページに移行して行きます。

 

Adobe Creative Cloudニーズで選べる様々な購入プラン

Adobe Creative Cloudニーズで選べる様々な購入プラン

私は、コンプリートプラン!お得です!

 

ちなみに私は全てのサービスが使用できる左の個人向けコンプリートプランを使用しています。

 

イラストレーターやフォトショップ以外にもたくさんのアプリが使えますので、印刷向けのインデザインや動画編集のプレミアプロなど将来使いそうなアプリだと思う方は、最初からコンプリートプランがオススメですが、お試しに挑戦する方は単品や2つの組み合わせサービスを選択するとコスパがかなり良くなります。

 

コンプリートプランのメリットを簡単に言うと次のようなメリットがあります。

1.常に最新のバージョンを自動アップデートできます。

2.1ライセンスで2代のPCまたはMacで全てのアプリを使用することができます。

3.Web Fontsを始めとした日本語フォントなど15,000を超えるフォントが無制限で使用することができます。(単体でも可)

4.100GBクラウドストレージを使用することができます。(単体でも可)

 

 

ここでは赤枠の私が使用しているコンプリートプランで複数アプリの導入方法について解説します。

赤枠ないの青文字リンク箇所「コンプリートプラン」をクリックすると下図のような画面にジャンプします。

Adobe Creative Cloud複数のアプリを使いたい人向けのコンプリートプラン

Adobe Creative Cloud複数のアプリを使いたい人向けのコンプリートプラン

 

 

赤枠がコンプリートプランで複数アプリを使用する方には大変お得な価格となっています。

アプリを単体でリースした場合の価格一覧

 

ちなみにコンプリートプランで使用できるアプリを単体でリースした場合の価格一覧を載せておきますので、参考にしてください。画面をスクロールして行くと下の方にこのような画面が出てきます。

 

Adobeコンプリートプランで使用できるアプリ一覧

Adobeコンプリートプランで使用できるアプリ一覧

 

 

図を見ていただければ一目瞭然ですが、15のアプリを単体で購入した場合の値段と、全てを一括で使用するコンプリートプランの価格ではかなり割安であることがわかります。

 

単体でも2480円のアプリが沢山ありますので、15個をいつでも使用できる環境は大変お得でベストです。さらに5つのアプリが使用でき、合計20個のアプリが使用できます。

 

しかし、この先も単体アプリしか使用しない予定の方や、お試しの方は単体でも十分だと思います。

そこら辺はご自身のプランに合わせて無理ないところで選択してください。

 

プランを決めたらどうする?

 

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン購入画面

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン購入画面

 

三つの赤枠をご覧ください。

左上がメルアドの記入欄です。

選択したプランと料金プラス税込金額を確認します。

左下は支払いに使うことができるカードの種類です。

デビットカードも使用できます。

そして支払い手続きへ進みます。

 

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン購入最終画面

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン購入最終画面

 

この先へは残念ながら進めませんが、購入ずみの方の場合は、赤枠上段のようなメッセージが出てきて、2重に購入することが内容警告してくれますので安心ですね。

 

下段の赤枠は現在私が使用しているプランが記載されています。

まとめ

 

今日の記事は如何でしたか?

私も最初は月々6248円は高いとも感じましたが、50の手習いでこれで1万円以上の収入が出来るまでは、自己投資として考えていました。

アドビに関する記事は数多く存在しますし、YouTubeなどでもハウツーものが数多く存在します。

学ぶ気になればいくらでも無料の範囲で学べる便利な時代です。

書籍やネットで学んで、ぜひあなたも挑戦してみてください。

株や投資信託などの金融投資は失敗もあり、損をすることもありますが、教育費や自己投資には損は無いと言います。

例えばAdobeを使用して収入にならなくとも、確実に学んだだけのスキルは身につきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。